覚せい剤を買った疑いで逮捕状が出ている小向美奈子容疑者(25)。警視庁は小向容疑者の行方を追っていますが、関係者の話からその足取りが明らかになってきました。

小向容疑者は逮捕状が出た後の先月21日、成田空港から出国。向かった先はフィリピンのマニラだったことが新たにわかりました。警視庁の捜査を知って出国したかはわからないといいますが、現在も帰国していないとみられています。さらに、事件に関する新たな事実もわかってきました。

去年10月、警視庁に摘発されたイラン人をリーダーとする覚せい剤の密売グループ。小向容疑者はこのグループから覚せい剤を購入したとみられ、グループが管理していた顧客リストには、小向容疑者が覚せい剤を少なくとも数回、購入した記録があったことが新たに判明しました。